テール デザインのお話


サーフボードの見た目や性能を

大きく左右するテールデザイン

皆さんも好みがあるかと思います。

実際のところ、どのような性能や効果があるか

説明いたします。


まずはじめに、

T-1モデルに使っているダイヤモンドテールを見ていただくと、

テールが鋭角に尖っているのが特徴です。


ショートボーダーにはお馴染みのラウンドスカッシュの

アウトラインのテンプレートを乗せてみるとわかりやすいかと思います。

テールエンドのアウトラインが短いのです。


テールエンドのアウトラインを

1インチ短くしています。

このように短くすると、ボードの反応が良くなります。

例えば5’8の長さのボードをオーダーしても、

ストリンガー上の長さは5’8ありますが、

アウトラインは1インチ短いボード(5’7)と同じレスポンスになります。

トップターンやカットバック、オフザリップなどの

アクションがクイックになる効果があります。


ラウンドテールと比べると、

エッジが飛び出ているのがわかります。

波のパワーがない時や、アップスの加速など

エッジが引っかかり、加速する効果があります。


ですが、肝心なのは全体のバランスです。

スラッシャーモデル(青いライン)と、

T-1モデル(黒いライン)を同じ長さ、幅で比べると、

このようにノーズ幅、テール幅が違うデザインになっています。

テールエンドの形状で全てが決まるわけではないのです。


赤い「+」の点が、FINの位置ですが、

T-1モデルの方が、サイドフィンあたりの

テールワイドが広くなっていますので、波の力を引き出せる効果や

ライディング時、安定感のあるボードデザインになります。

不安定な波質の時でも

安定感がありながら、クイックに動き、加速感も抜群のコンセプトです!

<T-1モデルはコチラ>

このように波質や、やりたいイメージに合ったボードデザインを

使用することで、サーフィンがもっと楽しくなるかと思います。

まだまだ色々なデザインがありますので、

今後、紹介したいと思っています!

MAEDA

#Surfboard #Design #カスタムオーダー #Model #EVOLVE #Surfing #T1model

334回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

New Board

New Board

New Board