ボードモデルが出来る過程


先日の<モデルのお話>の続きになりますが、

モデルってどうやって作られるの?

私自身、日々サーフィンをやる中でいつも思うことが、

「今日の波だったら・・・こんなボードでサーフィンしたら楽だろうなぁ」

「パワーがなくてテイクオフがきついなぁ」

「掘れているからちょっと怖いなぁ」

「波のサイズがデカイから気合を入れて・・・」

などなど、日々シチュエーションが違うと思います!

まずは私自身が考える、「あったらいいなボード」を作ります!


例えば「POSERモデル」というのがあります。

このモデルのネーミングの由来は・・・

ROCKミュージシャンの中では、

女性ファンにモテモテなバンドや、

ハードコアなヘビメタバンドなどあります。

このハードコアな方達からすると、

女子にモテモテなバンドのスタイルは「本物じゃない!!」

「アイツらは女にモテるためにやっている、格好付け野郎だ!」

みたいな台詞があります。

そういう人を「ポーザー」と呼んでいるようです。

この格好付け野郎になってやろうと思い名付けました!


日頃パワーのない波でのサーフィンで、

誰よりもカッコよく、

スピードもついて、技も決まる、そんなボードにしよう!

と思い作りました。

心のどこかでは、誰かに見られたい・・・(笑)


POSERモデルを気に入って使ってくださっている皆様

実はあなたもそんな思いをしているのではないでしょうか(笑)

違うモデルの逸話も、後々書こうと思います(^^)

Maeda

#Surfboard #HOWTO #EVOLVE #Model

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示