DOPEモデルのコンセプト


昨年誕生したDOPEモデル(ドープ)

コンセプトや特徴、使い方などについて


一見よくあるレギュラーボードの外見ですが

従来のデザインと何が違うのか・・・


まずアウトラインですが、

黒いラインがDOPE

内側の青いラインが<スラッシャーモデル>です。

(わかりやすいように、同じ長さを幅にしてあります。)

DOPEの方は、ノーズワイドが少し広く

テールワイドも広いです。


テールワイドが広いので、波のパワーをひろいやすく、スピードにつながります!

ですが、テールが広すぎるとボードの切り返しが

重たく感じるようになるので、このように2つのウイングでテールエンドを絞ります。

最後はラウンドの丸いエンドにすることで、

スムーズにボードがコントロールできるコンセプトです。


サイドフィン辺りから広くなっていますので、

安定した乗り心地になります。

その分長く波に乗れ、しっかり練習できます!

あっという間に終わってしまうような波での短いライディングで、

なかなか練習できないまま終わってしまうよりは、

長く乗った方が絶対にいいですね(^^)


長く乗れても、動かなければつまらないので、

このようにラウンドテールになっています。

ちょこっと見える白いのは、ラウンドスカッシュのテールデザインです。


見た目は普通のレギュラーボードですが、

中身は色々なコンセプトが詰まっています。

もう一つの特徴は、

レールの形状です。


ボードセンターの輪切り図ですが、

黒いラインがDOPE、青いラインが従来のデザインです。

従来のものよりレールを薄くしました。

薄くすることで、ワイドの広いボードでも、

レールが入れやすく、コントロールしやすくしてあります。

細めのボードは、なんとかコントロールできるけど、

幅広いボードは動かないから・・・

そんな悩みを解決いたしました。

安定した幅の広いボードのほうが、練習になるけど、

動きやすいように改良してあります。

サーフィンにブランクがあり、数年ぶりに復活したお客様も

DOPEモデルで、楽しくサーフィンライフが過ごせているとコメントをいただきました(^^)


上級者でも楽しめるモデルですが、

初級〜中級者(ブランクあり)の方にとっても

必要な要素を詰め込んだモデルです!


ボードサイズや適正体重は簡単な目安になりますので、

サーフィンの頻度やポイント、細かなレベルなどで異なります!

スタイルや、ちょっとした癖などでもボードは変わってきます!

サーフィンの悩みや、生活環境などをお聞きした上で

私が適正なサイズをお出ししております(^^)



彼らもどんどん上達しておられ、作り手も嬉しい限りです!

上達に必要な要素の詰まったDOPEモデルのお話でした。

ロッカーやコンケープなど、まだまだありますので、

今後アップしていこうと思います!

Maeda

#DOPEMODEL #悩み

4回の閲覧

EVOLVE FUTURE SHAPE

EVOLVE FUTURE SHAPE & CLOSER Surfboards

Yucchi Design

 

サーフボードブランド エボルブフューチャーシェイプ|デザイン

299-4303 282-2 Torami,Ichinoiya-machi,Chousei-gun,Chiba,JAPAN

千葉県長生郡一宮町東浪見282-2

Tel.0475-47-4623 Fax.0475-47-4628

E-mail.info@evolvefutureshape.com

 

Show Room Open(ショールーム):AM 11:00 〜 PM 5:00

Factory Open(ファクトリー):AM 9:00 〜 PM 7:00

Regular Holiday(定休日) : Thursday・Friday / 木曜日・金曜日

 

2012年8月21日 千葉県企業立地計画 千葉県企立指令第145号取得

2018年1月22日 ふるさと納税一宮町 ICHINOMIYA SURFING満喫券取扱店

Copyright 2018 EVOLVE FUTURE SHAPE / Yucchi Design All Rights Reserved.