Factory.




本日はグラッシングルームの様子を少々・・・


部屋を除いたら前田先生がEPSのボードに


ホットコートの作業を行なっていました。





ホットコートはグラッシング後に行われる作業になります。


グラッシング後はクロスのザラザラ感がありますが、


この作業の後はツルッとした質感になります。





フィンボックス周りにもしっかりと樹脂をのせてゆきます・・・





こちらは5フィンボックスのHunter6(EPS)で、


トライとツインで乗れるボードになっています。





まだ途中段階ですが・・・